2015年2月17日火曜日

子犬の社会化 2



社会化には
犬との暮らしを快適なものにし
望ましくない行動を未然に防ぎ
新しい局面にも柔軟な対応力を
身につける
 というメリットがあります




ではどのように行うのか

たとえばほかの犬と遊ばせる
機会を与える
この場合は同じような月齢の子犬や
 落ち着いた遊びの上手な
成犬をおすすめします




子犬は遊びの中からさまざまなことを
学びます

噛む力の抑制
ボディランゲージ
犬同士の絆の形成

けして怖がる子犬を無理にほかの犬に
近づけたりしないことです
驚いたり恐怖を感じれば
不快なものとして学習してしまいます




人(子ども 成人 男性 女性 メガネをかけ
た人 髭を生やした人 制服を着た人など)

さまざまな環境(人ごみ 工事現場
 踏み切り 車の往来の激しい道路など)

これらの刺激に対しても 無理強いしたり
恐怖を感じる状況では良い経験 
社会化にはなりません

犬自身が良い刺激と感じられるよう
じゅうぶんな観察 注意が必要となります




 社会化は何かの行動を教えること
ではなく 良い印象を持つように
少しづつ刺激に触れさせること
が大切です




社会化が成功しなければ
恐怖を感じる対象が多くなります

吠える 咬むといった問題行動が起こる
可能性は高くなってしまします

そればかりかその度にストレスを
感じてしまい病気になってしまう
可能性もあります




ではいつまで行うのか

経験させた物事をしっかり定着させ
落ち着いた心を育てるには
1歳過ぎまで継続して行う必要性
があります
個体によってはそれ以上かも知れません

もしあなたのワンちゃんがお困りなら
出来るだけ早く専門家に
相談することをおすすめします